滋賀・「栗東」のデイサービス・在宅介護・訪問介護。【あうんケア】のホームページです。ナースステーション、ヘルパーステーション、デイサービス、小規模デイサービス、ケアプランセンターの各種サービスを提供しております。
明るい笑顔で寄り添うケア|私たち、あうんケアは、「はじまりからおわりまで豊かな人生と安心した生活を」を経営理念とし、サービスを提供してまいります。

あうんのスタッフ紹介
~ナースステーション編(2)~

医療福祉現場で働くスタッフの声をお届けします。

ナースステーション編ナースステーション あうんケア栗東
看護師:うえさとさん

「あなたがあうんに来たきっかけと働いてみたいと思った理由を聞かせて下さい」

うえさとさん

私は看護師なんですが、10年以上前からケアマネの資格を持っていて、次の職業は介護業界と思って、まず看護協会へ行って相談しました。あうんを選んだのはすごく簡単なことで、事業所の名前が印象的だったので応募しました。
あまり大きい事業所というよりは、身近な小規模な事業所で探していて、ここは訪問看護のパートを募集してたのでこちらに応募しました。そして、すぐに面接してくれました。
見学だけのつもりでしたが、とりあえず意欲を見せようと履歴書を持ってきました(笑)


「実際に働いてみてどう感じましたか?」

うえさとさん

最初は訪問看護を下調べもせずきたので不安でいっぱいでした。
でも面接の時「大丈夫、きっとできますよ」と言われとりあえずやってみよう!と。
経験が浅い私でも受け入れて、そんなんでもいいのかなと正直不安だったけれど、快く受け入れて下さったんです。不安を受け入れてくれて、気持ちを軽くしてくれました。
実は入社して、以前とても好印象で記憶に残っている方が先輩としていることを知り「よっしゃ!」って思いました(笑)その方は一緒に利用者さんの所へ訪問に連れて行ってくれ、そのことを話すと「私も、そう思ってん!」て覚えてて下さって、嬉しかったのを今でも鮮明に覚えています。


実際働くと、とにかく一対一の恐さを知りました。最初3~4回訪問行った時は「絶対辞めてやる」と思ってました(笑)でも自分が思う看護を、尊敬する先輩も同じ考えを持って取り組んでいて、自分の看護感って間違ってなかったんだと認識できて自信になりました。「絶対あなたはやるべきよ」と強く勧められ、段々と訪問看護への意欲が高まりました。その後も、自分の改善すべきところは正直に指導してほしいとお願いしていました。


「あなたの今の仕事内容を詳しく教えて下さい」

主治医の先生の指示により訪問看護をしています。その利用者さんを支えるという仕事だと思っています。服薬、保清、状態観察、認知症の方の介護など、病院の看護師でとしてではなく、主治医の先生の手足となることを心がけています。
サービス内容は人それぞれで、痒いところに手がとどくようなもう一歩踏み込んだサービスが必要と思い仕事に臨んでいます。利用者さんにとって、安心して暮らせるヒントを提供できるアドバイザーでもあるので、その人にとっていい状態を導いてあげれる仕事かなと。


「今の仕事に就いて新しく得た経験や、知識、面白かったことを教えて下さい」

うえさとさん

ある認知症を患う利用者さんの家に薬を持っていったことがありました。その方は今でこそ穏やかな性格の方ですが、当時はすぐに手をあげる方で、とっても恐かった。殴られるのか。。でも自分の仕事はこの人に薬を飲ませないかん、という使命感だけで頑張って訪問に行きました。
すっごく恐かったけど「お願い!飲んで!」と精一杯お願いすると、振り上げた拳をおろしてくれました。その日は仕事ができた安堵感から泣きながら帰りました。それを機に私は訪問看護師なんだから、その人の生活を支えているんだから、やらなくちゃいけないことはやらなくちゃと。そこで訪問看護の仕事の重要性を考えた。関わって行こうと強く思えたのが半年くらい経ってからでした。
あと、当時ここの事業所が立ち上げ間もなく、村山さん(社長)が明日来る利用者さんの受け入れできるだけの椅子がない!!って正月に椅子を組み立てていたのを覚えてます(笑)


3年ここにいて、先日同行訪問で初めて知ったことがあって、、、すごく恥ずかしい話なんですけど私今まで身体を頭から洗うという概念がなかったことに気づいたんです(笑)
どうして頭から洗うんだろう?と思ったんだけど、帰ってPCで身体洗う順番って調べたら頭から洗うのが正解って出てきたんです!自分なりに考えがあって頭以外から洗うお手伝いをしてたんですけど、何も考えずに洗ってたなと気づいた。髪の毛についた雑菌を流した時に体についてしまうので、また洗い直しをしなきゃいけない。なので頭から洗うのが正解なんだって初めて知りました。
今はもう亡くなられたんですが、ケアマネさんや家族さんと認知症を患う利用者さんの所で入浴の介助を頼まれたケースがあって、お風呂断固拒否!の利用者さんに対してうまく誘導してお風呂気持ちいい!ってなってもらった成功体験があり、みんなで協力してあーでもない、こーでもないと作戦を考えた楽しさを覚えています。やってる時は顔ひきつってたと思いますけど(笑)


「新しくあうんのスタッフになる方の為に、こんなところが魅力というところを教えて下さい」

柔軟な場所だなとすごく感じます。あるとき訪問看護の利用者さんがデイサービスに通うということになり、自社のデイサービスに相談したらとっても快く柔軟に対応して下さって、一人一人違っていても親身になって耳を傾けてくれる職員がいたので感動しました。
私が入社する余よりもっともっと前から利用されている方もたくさんいて、きっとここの柔軟な優しい対応を気に入って利用し続けてくれているんだなって感じます。


「最後にあなたの今後の意気込みを一言!お願いします」

とりあえず腰を据えて5年以上は働くというのが、自分の考えです。5年で辞めるってわけじゃないですよ(笑)
そして入社当初から尊敬する先輩職員さんに「あなたは心がある。心で訪問看護をしてる」って言われたのが嬉しかったのでそれを続けられる様に、今後も一生懸命訪問看護をしようという意欲に湧きました。訪問看護って利用者さんは結構高額な金額を払うサービスなのでみんなで協力しながら高めていかなくちゃと思います。

応募される方へ

些細なご質問でも結構です。ご興味ある方はお気軽にご連絡ください。

電話番号 TEL:077-554-8137

ファックス番号 FAX:077-554-8138

メール info@aun-care.com

PAGETOP
Copyright © 2021 株式会社 阿吽 All Rights Reserved.